不採用理由の一位って?

不採用理由の一位って?

企業が受験者を不採用にする「不採用理由」のなかで、堂々の一位を占めるものとしては、「やる気が感じられなかった」というのが現実たるものとなっています。

 

「そんなバカな!」と思われましたか?でも、これは事実なのです。

 

面接なのだから、やる気がない態度で挑む人はまずいないでしょう。みなさん、やる気を持って臨んでいるはずです。でも、そこで、採用者は「本当のやる気」を見極めようと、あなたを観察しているのです。

 

「本当の不採用理由」を応募者にはなかなか開示しようとはしない企業が、「今回は採用を見送らせて頂きます」という逃げ口上のほかに応募者に伝えることがあるのが、「キャリア不足」という理由になるのです。

 

そもそも中途採用の場合、ピントはずれな経験の人は書類選考を通りません。

 

書類ではキャリアを評価されたのに、なぜいまさら「不足だ」と言われてしまうのか。憤慨なさる応募者の方もいらっしゃることでしょう。実はここに企業のホンネが見え隠れしてはいるのですが…。企業が重視したのは、キャリア不足そのものではなく、「キャリア不足をリカバリーする、やる気とチカラが感じられなかった」という点なのです。

 

しかし、現在別の仕事がある人は、無理に転職しようとはしないものかもしれません。そんなような人たちは、別にやる気も起きないようでしょうから、一概に言い切れないのも事実ではあるのですが…。まぁいずれにしても自分の行き先です。しっかりとした判断をして進みましょう。